沼田山岳会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08夏合宿 利根川源流越後沢

8月14~16日+1日
 今年の夏合宿は越後沢右俣。越後沢山主稜線へつめあげ、
 三国川左俣南沢を下降し、十字峡へつなげるルートとした。
 
 日程は2泊3日、+(念のため予備日1日)。

 メンバーは3人。担当さん、コックさん、MAKY。

1日目。
矢木沢ダムを出発。


              「シッケイガマワシ」付近のキワドイ雪渓。
              

越後沢出合。


「ヒトマタギ」で記念写真。

 越後沢出合には午前中に到着。沢の定番「ソーメン」を食べ、テントを
 設営。「今宵のお楽しみのビール」を流れに冷やし、ヒトマタギ経由で
 剣ヶ倉沢の偵察へ出発。

快適な1日目のテン場。沢の醍醐味!たき火をかこみ、ビールで乾杯!


2日目。
テン場をあとに越後沢へ。
越後沢にも雪渓がかなり残ってました。のったり、くぐったりの雪渓越え。

 ようやく、越後沢山の雪渓が見えてきました。まだまだ遠い。

何回やってもなれない雪渓くぐり。出口へダッシュ!


ついに見えてきた!越後沢大滝。


大滝手前のナメ滝。

             ナメ滝中間部からの眺望。見えてる雪渓すべて
             のったり、くぐったりで越えてきました。
             

大滝1段目と2段目。


                大滝3段目。
                

大滝を超えても雪渓上の歩きが続く。
1/25000地図がないため、登山地図からつめあげルートを
慎重に検討。


中間尾根稜線を目指したが時間切れ。途中のテラスで各自セルフビレイを
とった状態でビバーク。


3日目。
ビバーク地から中間尾根稜線まで5ピッチ。主稜線までトータル3.5H。


越後沢山と最上部の雪渓。

                中間尾根を主稜線へ。
                
    
下降ルートの南沢枝沢の源頭部。


巨大な岩峰のある南沢の出合。この雪渓はくぐるしかない!
         

くぐり抜けた出口の崩落した雪塊上を慎重に進む。


懸垂下降でもキワドイムーブが必要な南沢の下降。


仙ノ滝沢出合の手前付近から雨が降り出し、すぐに豪雨に!
沢水が濁りはじめたと思ったら、増水がはじまり、あっという間に濁流!
高台へ逃げ上がり、今日中の下山は無理と判断。この場でのビバーク決定。

 4日目。(予備日に突入)
 食料、行動食もつき、前夜は、非常食のカロリーメイト1箱を3人で
 分け、2人分のみそ汁も3人分にして飲み、寒さにふるえる一夜を耐え、
 朝食はコーヒーと紅茶のみ!

雨もやみ、増水もだいぶおさまったので下降開始!


取水口へ到着。一安心! あとは十字峡まで1Hの林道歩き。

                 
                十字峡に到着。
                

   お迎えの理事長と合流。
   

    予備日をつかって1日遅れとなってしまったが、
    3人共無事下山できました。

    皆様、たいへんご心配をおかけしました。

     by.MAKY。
               
AUTHOR: FK DATE: 08/24/2008 08:25:46 越後沢の雪渓がズタズタだったんですねー こりゃーショウガナイ
コメント
お疲れ様でした。
難儀しましたね。
2008/08/25(月) 20:23 | URL | Take #79D/WHSg[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

numata-alpine

Author:numata-alpine
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。