沼田山岳会

ディレッティシマ?

一ノ倉沢烏帽子沢奥壁ディレッティシマルート
5月6日
メンバー: ムスナー(記)・Sさん(会外)


GW残雪の北アルプスに行けない組で、近くて良き山に行ってきました。
「みんなどっか行ってて、羨ましくてとりあえず谷川」
が、GWの定番になりつつあります。

5:30月夜野出発。
6:30指導センター出発。



アプローチは自転車を使用。
6:45には一ノ倉出合。



7:10テールリッジ末端。
雪渓は最初の滝を右岸の夏道で越えた先から、テールリッジまで繋がっていました。雪が少ないからか、例年より傾斜も緩い気がしました、気のせいかもですが。

この日は南稜1パーティ、南稜フランケ1パーティと空いていました。
取り付きで準備休憩。
イワツバメが沢山飛んでいました。
ハヤブサが現れた途端に一羽もいなくなりましたが。

8:00登攀開始。
1ピッチ目Sさんリード。
支点が少ない。ラインが正しいのかよくわからない。

2ピッチ目ムスナーリード。
さっきより支点が多い!ツイテル!
変チ下まで。



3ピッチ目Sさんリード。
「トポではヨンキュウマイナスて書いてありますよ」と私が言うと「それロッキュウでしょ、Vの右に棒でしょ」と突っ込みがはいる。
Sさんムーブをよく練ってからサクサクと抜けていきます。さすがですね。
とにかく支点が少ない。どこがラインなのか解りにくく、センスを問われます。
横目で見る変チは想像より小さかった。バッチリ乾いているように見えました。

4ピッチ目ムスナーリード。
頭上に左右二つ凹角があり、とりあえず登りやすそうに見えた(支点も一つあった)左の凹角目指して登りだすも岩がかなりモロい。岩がポロポロ取れる。
凹角手前まで登るとお隣のフランケパーティの方が「そっちじゃないよ、右の凹角だよ」と教えてくれ、クライムダウンして今度は右の凹角を目指すが、こちらも甘くない。
左足元にキメたカムもなんかイマイチな感じだし、
ビビって一手が出ません。情けない。
クライムダウンしてSさんと選手交代。
浮石処理に苦労しつつ、右凹角へ。
私より一手進めたものの、やっぱりキビシイ。

結局このピッチは断念。変チの上までトラバースしてダイレクトルートのラインを使って迂回しました。残念!!

5ピッチ目Sさんリード。
「快適!」とリードから声がかかる!
岩も硬く確かに快適なフリークライミングだが、支点が少なすぎて私にはとてもリードできる気がしない。鍛錬が足らんですね。
この感じだとここから上は私の出番はナシだな、と密かに思う。



6ピッチ目ムスナーリード。
5ピッチ目終了点に着くと、半ばハンギングのような状態で「ここ狭いんで、次リードお願いしていいすか?」と言われてしまう。予定が狂った!
右上にRCCが見えたのでとりあえずそこまで行く事にして、出だしの細かくて悪い一手をがんばる。
何とかRCCまでたどり着くもRCCはサビサビを通り越してほぼ自然に還っている状態。触るとポロポロとなくなっていきます。
それでも無いよりマシ。タイオフ。
上5メートルくらいは細かいフェイス。支点はもちろん見当たりません。
完全に怖気づいて、しばし蝉になる。
落ち着いて観察するとホールドは繋がっている。
もう戻るにも戻れない。
つまりやるしかないのである、怖いけど。
決心して登る。
フェイスを抜けると草付き混じりになるも、まだ支点は無い。
とにかく支点!という事で強引にクラックを探しカムをセット。その後もカム優先のジグザグの情けないラインで何とか終了点へ。



7ピッチ目Sさんリード。
エイドのピッチ。Sさんボルトラダーをグイグイいきます。フリーの部分も岩は硬く快適でした。
潅木が出てきて谷川らしくなってきました。

8ピッチ目Sさんリード。
草付きフェイスV級のピッチ。
「(半ばヤケクソで)やりますよ!」と言うとSさんから「草付きフェイスV級はヤバイよ」と制止が。ヨレヨレの私を気遣ってくれたのだろうか。
なるほど草付きV級はヤバイ。
剥がれかけた草付きをハイステップで慎重に登る。ジットリとした草と根っ子と泥のかたまりに五本指を突っ込んでジワジワと這い上がる。
支点は潅木。ありがたや。ありがたや。

9ピッチ目ムスナーリード。
最後のピッチ、III級。一気に傾斜が落ちる。
下から「チャラチャラですか!」と声がかかる。
「チャラチャラですよ!」と答えるも、実際はヘロヘロである。
見覚えのある中央カンテ終了点で登攀終了14:00。

空中懸垂から6ルンゼ下降。

雨も降りそうだったのでガンガン下って指導センター17:00でした。
最後の自転車の下りが最高に気持ち良かった。やめられませんね、自転車。

*今回私ごときが「ディレッティシマルート」にトライできたのは、ひとえにパートナーSさんのお陰です。虎の威を借る狐。私は狐。
しかし、ワンランク上のクライミングを体験できたのはヒジョーに有意義でした!
反省点も多いですが、1番感じたのは持久力不足。クライミングの量が少ないんだなと痛感しました。

しかし!しかし!4ピッチ目が登れなかったのは悔しい!!誰か登り方教えて下さい!!




行軍 | HOME | 春合宿
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

numata-alpine

Author:numata-alpine
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ