沼田山岳会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害ボランティアについて その3

お疲れ様です。

被災者の方と接していて思う事は、少しでもまず前の生活に近付きたいと考えているということ。

・まず生きるために食料などが必要
・次に日常生活を維持するようなものが必要
・で、その次に無くても生きていけるが最低限『欲しい』モノが必要になってくる

今は被害の状況により、個人個人によって2番めと3番目が入り乱れているような感じです。

先日お邪魔していた高齢のご夫婦宅では、奥さんがヘドロの中から見つかった化粧品を見て、使えるのかどうか確認している…ほぼダメなのですが。
男には理解しにくいかもしれませんが、女性にとっては大切なモノも有る訳です。

現段階の宮古で必要なものは、ピンポイントの物資と、お金と色々な意味での人力です。

引き続き皆さんからのご厚情をお待ちしています。


そうそう、今日この写真を撮ったのですが…
274154229.jpg

線路脇に予備の線路が置いて在るのではありません。
向こうから津波が来て線路がコチラ側に押され、結合部が外れてずれて来てハの字になってしまったのです。
向こう側は川が在り鉄橋も落ちているので、行き止まり標識が設置されている状態です。

石関

コメント
No title
ボランティアお疲れ様です。
テレビで被災された方の笑顔を見るとこっちま無意識で微笑んでしまいます。1つでも多くの笑顔を作るお手伝い素敵だと思います。
健康に気をつけて頑張ってください!
2011/04/13(水) 22:07 | URL | MOMI #-[ 編集]
No title
ボランティアの現場はとても楽しい雰囲気で、良い仲間に囲まれ、受け入れ先の教会の牧師先生も面白い方です。何より被災者の方々が大変前向きです。

今、一生に一度有るか無いかの素敵な経験をさせて貰ってます。
みなさま、時間が有れば是非どうぞ。
2011/04/14(木) 13:19 | URL | zeki #bD36X/pc[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

numata-alpine

Author:numata-alpine
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。