沼田山岳会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南稜フランケ

一ノ倉沢烏帽子沢奥壁南稜フランケ
5月24日
メンバー・ムスナー(記)、電気屋さん(会外)

いつだったか電気屋さんが
「南稜フランケならいつでも案内しますよ」
と言ってたんですよね。
だいたいの事はすぐ忘れるんですが、こういう事はよく覚えてるんですよね、私、へへへ。

5:00月夜野集合出発。
諸事情により超寝不足でしたが、なんとかベッドから這い出して、自転車に乗って集合場所へ。
多少の遅刻は想定内?山ヤの常識?
少し遅れて到着するも、電気屋さんはさらに遅れて到着でした。ヤッパリネ。
軽トラに自転車を積んで出発です!



コンビニ寄って指導センターに挨拶して自転車で出発。自転車定番ですね。

6:25出合。自転車をデポして出発。
雪渓はだいぶ薄く、シュルンドもありました。ピッケルを持っていって正解でした。

テールリッジの登りも寝不足が祟ってペースが上がらない、いや、、緊張してたのかも、、、

7:45取付。


準備をしているとエキスパートルート?微風快晴?のラインを登っているクライマーがちょうど我々の真上で登っていたので、、心の準備もソコソコに慌てて登攀開始でした。


1ピッチ目ムスナーリード。


「ザ・逆層」って感じの逆層フェイスを右上〜直上。体も心も馴れてなくて、けっこう効きました。
後半は20mくらいランナウト。

2ピッチ目電気屋さんリード。


ナッツがいい感じに決まってるところとかあって感動しちゃいました。さすが。「週3で山」の異名は伊達じゃないですね。ハング下まで。


3ピッチ目ムスナーリード。 核心ピッチ?
「たぶん喉カラカラになると思うんで水飲んでから行きましょう!」
と言われ、素直に水を飲んでからスタート。





かなりスッキリとしたフェイス、つまりホールドスタンスはかなり乏しいアンド小さい。
しかし逆に迷う必要がなく、とにかく!がんばって!登るだけでした。
支点は多くはないですが、有ります。
大テラスの名前に期待し過ぎたのか、下からテラスを目視できず少し悩みましたが(ビビっただけ)、素直に直上したらテラスが有りました。

大テラスで大休止。

初登は1964年だそうです。
初登時は登山靴(クレッターシューズ?)で登ったんですかね??
あの細かいスタンスにのれるんですかね??
地下足袋だったんでは!?

4ピッチ目電気屋さんリード。


左上から直上。
少し脆い所を抜けるとスッキリとしたフェイス。フェイスは2手くらいかなり厳しい、が、左から巻いても行けるようです。
書くのもおっくうなくらいですが、全般的に支点少ないです。

南稜から他のパーティーの声が聞こえて「もうちょっとだ!」と思う。

5ピッチ目ムスナーリード。


これが案外悪かったです。すごく脆いフレーク等あり気を使いました。
支点も悪くまあまあランナウト。潅木もボチボチ。


6ピッチ目電気屋さんリード。最終ピッチ。

階段状の草付きを左上して馬ノ背リッジへ。
馬ノ背リッジが割と高度感あって「コワー!!」とか叫んてみるも、つい口元が緩んじゃいます!!
だってもうこれ南稜じゃん!!
緊張から開放れていく!!オワッタ!!!

11:20登攀終了!
終了点で健闘を讃え合い、気を引き締め直して下降です。
急げば幼稚園のお迎えに間に合うかも!?



サクサク下降して出合まで戻ると大量の高校生と引率の人達が。
引率の人達の中に知り合いか沢山いてちょっと驚きました。地元ですねぇ。

出合から自転車(もはや説明不要)。
指導センターで指導員と少し談笑。
そして軽トラへ。軽トラって本当に便利ですね。

帰りにヤマザキショップに寄ってコーラで乾杯。
軽トラはエアコンなし。マド全開で気持ちいい。

天気も良く、充実の一本でした。




スポンサーサイト
プロフィール

Author:numata-alpine
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。