FC2ブログ

沼田山岳会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大源太山

6/23(土)
大源太山
あーたくソロ

確か昔誘われて?行けなかった大源太に行って来ました。

天気の悪い日が続きますが、今年は何故か週末に晴れる!
300623 大源太山01
登山口。約10台駐車可能です。
オフロードバイクで来ていた渋くカッコイイおじさんがいました。
(セロー欲しい!)

300623 大源太山02
新潟方面はまあまあ良く見えました。
登ってきた稜線が良く見えて気持ち良い。

300623 大源太山04
台風の影響で?かなりの風ビョーーーでした。
無雪ですが、ときおり耐風姿勢。
稜線上は油断するとちょっとまずい感じでした。

300623 大源太山05
荒天見越して、飯も食わず写真撮ってすぐ下山。
(即決が当たりました。登山口に帰ってきたら雨。)

300623 大源太山06
渡渉点でのキレイな日本の風景。
最後のスライダーは作ったのですかね?

300623 大源太山07
帰り道に見えた今日の大源太山。

樹林帯もかなり涼しかったです。
弥助尾根は初っ端からなっからの急登です。

弥助尾根に乗ってからは
樹林帯の中でも終始ほぼ尾根上なので
キジ打ちに逃げるには結構選択肢が少ないです。
(事実帰路の温泉までお腹の中で温めてました)

本当は七つ小屋周回でしたが、天気とお腹がビミョーだったので
ピストンで帰りました。

次に来るときは沢だな。
スポンサーサイト

唐松岳

10/8(日)
唐松岳
あーたくソロ

年に一度の紅葉狩りはいつも谷川だったのですが
今年は足を延ばして、唐松岳に行って来ました。

ロープウェイ駐車場で前泊。

寝坊して仲間において行かれる(1人なのに)
夢を見て、ガバット起きたらやっぱり寝坊。

291008 唐松岳03
急ぎロープウェイに向かいましたが、既に大渋滞。
一つ目のロープウェイは約40分待ち。

二つ目のロープウェイは10分待ち。

291008 唐松岳06
三つ目のロープウェイは30分待ち。

歩き出しは9時過ぎとなってしまいました。
よーく調べて行きましょう。
(この時期ロープウェイは5時半くらいから並んでいるらしいです)

上に上がると素晴らしい景色が待っていました。

291008 唐松岳07
291008 唐松岳05
291008 唐松岳14
素晴らしい雲海とキレイな草紅葉♪

291008 唐松岳16
扇雪渓はまだけっこう残ってました。

291008 唐松岳19
登山道は終始渋滞です。

291008 唐松岳20A1
山頂も激込み。山B、山Gがいっぱい。


291008 唐松岳30
帰りに八方池へ。
素晴らしい映りでした。

アルプス何年振り?
こんなにたくさんの人がいる山、久しぶりに来ました。

みなと同じくきゃっきゃしたかった!
1人無言でしたけど、気軽なゆるふわ歩きも楽しかったです。

P.S
準備は入念にしましょう。

錫ヶ岳

11月5日
錫ヶ岳
メンバー・ムスナー(記)

当初の計画がキャンセルになったので、気になっていた沼田最高峰「錫ヶ岳」に行ってきました。
天気はよかったですが、北斜面の沢筋はなかなか日が当たらず寒かったです。



6:00歩き出し。
丸沼高原のゲレンデを適当に尾根まで登ります。鹿の糞だらけで絶対に転べません。
尾根を越えると作業道で広河原まで下ります。



飛行機が飛んでました。



7:00広河原。寒い。
脱いだダウンをまた着直します。お湯を持ってくればよかった。



読図トレのつもりでしたが赤布があり、なんの問題もありませんでした。

尾根へのツメは意図的に赤布とは違う沢筋で登ってみたら、コメツガの若木の藪にでてえらいことになりました。



かき分けるとかは無理な太さのコメツガが密に生えていて、潜り抜けたり、すり抜けたり、ザック引っ掛けて穴が空いたり、、楽しかったです、、、



尾根に出てからは踏み跡アリでした。
日が当たって、あたたかかったです。



9:15山頂。



沼田側は展望ナシ。日光側はよく見えました。

オニギリを一つ食べてから、下山開始。



登りとはまた別の沢筋を狙って藪を降りました。こっちの方がまだマシでした(赤布のラインが一番いいと思われます)。

帰りは谷にも日が当たり、眠たくなりながら河原歩き。 スキー場ではリフトの試運転が始まっていました。

昼前には車に戻れました。


大岩・碧岩

8/12(月)
大岩・碧岩
ロング

下仁田の大岩・碧岩に行ってきました。
『グンマーの山』で
沢沿い歩けて岩歩けてという場所で調べてたら
ここがヒット!

駐車場誰もいない。この日は他に誰にも会いませんでした。

小-IMGP0272
小-IMGP0273
苔むした沢沿いを歩く。

小-IMGP0274
遊歩道終わりに近づくとようやく三段の滝登場。

小-IMGP0277
涼しげ~~。

小-IMGP0279
沢から離れて尾根へ。
暑い!

小-IMGP0290
大岩へ。
暑い!!

小-IMGP0285
大岩から眺める碧岩。
西上州のマッターホルンらしいです。

小-IMGP0291
大岩から下っていざ碧岩へ。
暑い!!!

小-IMGP0293
碧岩ピーク。何も無し。
暑い!!!!
何も無いから余計に暑く感じる!

小-IMGP0294
碧岩から眺める大岩。
碧岩の方が見ごたえありますね。


あまりにあっちーので帰りに三段の滝で打たれてきました。
全身ずぶ濡れで満足。

秋にはたぶん素晴らしい紅葉が見られるんだろうな~と
夏に来たことを後悔。

碧岩ちょっと渋いです。
フィックスあったけど、それも渋いです。

紅葉の時期にまた来てみたいと思いました。

行ってきました。 平ヶ岳

8月4日(日)
平ヶ岳(鷹ノ巣から)
坂本、西巻(記)

鷹ノ巣の平ヶ岳登山口で前泊。
二手三手先を読んで、ザク豆腐でタンパク質補給。
P8031934.jpg

4日、AM3:00出発。
やせ尾根の途中で、きれいな朝焼けがみれました。
P8041935.jpg

P8041936.jpg

何回きても、すばらしい!
P8041937.jpg

P8041938.jpg

P8041939.jpg

P8041940.jpg

P8041941.jpg

P8041942.jpg

P8041943.jpg

池塘にお花畑に草原。最高に気持ちのいい場所です。

 By.MAKY

プロフィール

numata-alpine

Author:numata-alpine
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。