沼田山岳会

秋山郷布岩

5月24日
大社長 ムスナー(記)

大社長とクラック行ってきました。





最後に一本リードもさせて頂きました。

カム、パッシブプロテクションのセット、
ジャム、ヒマラヤ史、などなど、勉強になりました!

大社長、ありがとうございました!

瑞牆山 前絵星岩「新緑荒野 10a 5p」

  2012.8.8:水曜日会:

メンバー:gaku。岳童。



   今季初のマルチは瑞牆山に。

仕事の関係上アプローチが近いエリアということで、前絵星岩に決定。

駐車場から、新緑荒野の最終ピッチを眺めるとテンション上がります。たいよう



 









    初めてなので、志賀ランドエリアを詰めましたが遠回りでした。

志賀ランド入口の100m先を上がると岩場正面にでます。

駐車場から10分くらいで到着。=3=3

気合麦ジュースを飲みながら支度すると気合が高まってきます。炎



 



          





   1p: 



  出だしは、5.6・10mで楽勝。木にスリング×2 3番×1



 

 



  しかし、次のA1・5mが最悪。寒い

うすかぶりのカチクラック・・・11フリー化になったとありますが。。。

とんでもない、錆びてぐらぐらしているピトンと、入っているのかわからないピトンだけ。。。

この二つでA1だって怖すぎ・・・。寒い

とりあえずヌンチャクもって解決する{余裕なく写真忘れた・・・}

ヌンチャク×2 3番 {フォローのためにあぶみ}



 OW10a・15m 2番×1 3番×1 4番×1

   かぶりから出ると右周りのOWがチョー難い。おそるべし



 



    ここまでで、すべてを使い果たした・・・。

笑顔の心境は、もう帰りたい。。。↓↓

しかし、ジンジュースで気合を入れなおす。上げ上げ



 





    2p:快適なOW20m 5.9

やっとクライミングらしくなってきました。あっかんべぇ

  2番×1 3番×2 4番×1 5番×1 だったかな?

 

 

 

 

 

 





   3p:



   群岩地帯を抜ける。 5.4 15m

3番×1 1番×1

ここは、上手な人ならプロテクション必要ないかも。。。ワンコ





 

 

 



   ビレイ点からは、駐車場から見えた最終岩頭が見え始めます。ルンルン

樹林帯を10m歩く。



 





   4p: OW 35mは圧巻です。溜め息

  2番×2    3番×2   4番×2   5番×2 あるもの使い尽くしました。

ビビりは使いまくります、重さなんてへっちゃらだい。へへへ



 

 



 



    ムーブはかなり多彩になりました。

ハンドあり。フィストあり。肘、背中、頭も使いました。

左はジャムですが、右はカチと爪スメアーでパワー吸われます。!!

長いので気合でチャレンジ。

 

 

 

  



 

  

  





   5p: 岩場帯15m 5.3

2番×1 3番×1

 

 



 



   山頂からの眺めは最高ーーー


   次の日は、体中が筋肉痛です。

マルチ恐るべし。。。ねこ2



   http://youtu.be/LOkwW5efnSM :今日の登り特集動画





   PS:2人で登ったのに・・・・。

透明人間が上がってきました。。。www ブルブル



  



    使ったプロテクションは思いだしながらなので正確ではありません。

グレードはおいら的グレードなので正確ではありません。

 

   おしまい。

 



  

 

 









 

 

 











   

西伊豆波勝崎 海金剛スーパーレイン

期間 11月13日(土)~11月14日(日)
メンバー(敬称略)
沼田山岳会 大社長、zeki(記)
北大山の会 saito、S石、U嬢

今年のクラックの締めはコレ!
…と、大社長が計画していた西伊豆ツアーへ行って来ました。

集合は前日12日夜7時。
まずはsaitoさんが待つ三島へ。

沼田~圏央道~大月~河口湖~富士五湖道路~御殿場~沼津~~三島
こう書くとえらく時間が掛かりそうですが、3時間も掛からず三島へ到着。
三島駅でsaitoさんをピックアップし、松崎で泊。

翌日13日朝、クライミングトリップ中のS石くん・U嬢コンビと松崎で集合し、雲見へ出発。
大社長は西伊豆を南下するのは初めてとの事。
植生も海の色も異国情緒溢れるよな! とsaitoさんと大はしゃぎ。(このテンションは夜の宴会へと…)

車を雲見オートキャンプ場へ停め(1台あたり1日500円)、ギアを確認しいざ出発。

パーティ編成は、
先発組 大社長、zeki
後発組 saito、S石、U嬢

ロープは、先発はシングル60m、後発はダブル50m。
全てのランニングはナチュラルプロテクションなので、ギア類はキャメロット4番以下2セット、ナッツ1セット、120~180cmのスリング2~3本、60cmスリング数本、アルパインクイックドローと長めのヌンチャク数本。
あとは確保器、下降器など標準装備。ピトン、ハンマーは不要。ヘルメット必須。
※私はこのルートで4番2本は重いし嵩張って嫌なので、4番1本とビッグブローの紫を代わりに持って行きました。

アプローチ入口は、雲見オートキャンプ場から歩いて車道を降り、沢を渡った左側の電柱が目印。
最初は段々畑?の跡地を歩くので少々判り難いですが、しばらくすると道は明瞭。
岩壁手前で道は海岸へ向けて急下降、入り江へ懸垂下降をし、目の前の小さい岬を乗り越し正面壁側取り付きに到着。

大社長と、つるべで登攀開始。

PB130002.jpg
1P目の大社長。
草付きや潅木にどんどんランニングを取って行くのは、やはり上越のスラブ王ならでは。

PB130004.jpg
1P目の終了点。
以前は青々とし支点に使えた潅木が枯れていて、クラックや岩角を利用しビレイ点に。

PB130005.jpg
2P目、このトラバースが恐ろしい…
左のコーナーから右へ踏み出し乗り込むこの一歩が核心。

PB130010.jpg
3P目の大社長。
このピッチ、技術的には核心ではないのですが、何度行っても結構怖い。

PB130013.jpg
4P目を上がってくる大社長。
出だしは右上するクラックを6~7mランナウトしながらレイバックで登り、締めはワイドクラック。
ここら辺りから眺めも良くなり、気持ちの良い痺れるピッチです。

PB130017.jpg
5P目の終了点から眺める波勝崎。
5P目が技術的には核心のピッチで、とても綺麗な良いライン。

※ここらの登ってる写真は、北大山の会のヤマレコをご覧下さい。
(ピッチ数が間違ってますよ~、saitoさん。写真のピッチ数は+1ピッチです。)

PB130025.jpg
終了点での大社長。お疲れ様でございます。

PB130033.jpg
最終ピッチを登る北大チーム。

PB130036.jpg
終了点で“ドヤ顔”の、北海道大学山岳部・山の会の面々。
レベルの高い総合力で皆さん素晴らしい!さすが大社長の後輩。

下りは4回の懸垂下降。
終了点から5P目の終了点まで50m一杯の懸垂下降、次は1P分の下降、次も50m一杯で3P目取り付きまで、2P目終了点から40m程ヤブの中を下降。

宿泊を雲見オートキャンプ場とし、設営組と買出し組に別れて行動。
このオートキャンプ場、快適です。

宴会は大社長の、お・ご・り。沢山刈穂刺身各種水炊き
“秋田の酒は日本一!”“ボヘミア~ン”など、saitoさんの魂の叫びと、S石くんのネパールの横笛、それらを煽る大社長とコロコロよく笑うU嬢…
素敵な宴は(途中で管理人さんに注意されながら)延々と続くのであります。


翌日14日は、大社長、saitoさん、ワタクシ高(?)年齢組と若者組とに別れ、高(?)年齢組は黒潮ロックでシングルピッチ、若者組は白波ルートというおそらく海金剛で一番難易度と危険度が高いルートへ。

PB140037.jpg
黒潮ロックと海金剛左岩壁。

PB140038.jpg
クラックを登る大社長。
太っててもクラックは登れる!(ただしハンドサイズまで)、が今年の合言葉だったようで…

PB140041.jpg
右上するラインを登る大社長。
丁度この部分の壁は被っているのですが…クロスやカウンターをする大社長を初めて見ました!

昼頃には黒潮ロックを後にし、大社長とsaitoさんの社会人組は帰途へ。
私はクライミングトリップ組と、この後城ヶ崎へと向かうのでありました。


北大山の会の皆さま、ありがとうございました。
クライミングも宴会も大変楽しゅうございました。
大社長、いつもながらお世話になりました。ごちそうさまでした~

ワタクシ、スーパーレインは4度目?なのですが、何度行っても最高!
来年また誰か一緒に行きましょうよ~、でもスーパートリトンにも行きたいな。


そして旅はまだまだ続くのでございます。

続きを読む

秋山郷布岩 クラック天国

期間 11月7日(日) 日帰り
メンバー(敬称略)
沼田山岳会 大社長、zeki(記)
太田山岳会 ぐっちー
特別ゲスト 雪山大好きっ娘、jinenn

PB070107.jpg

事の始まりは雪山大好きっ娘さん(以下、雪山さん)のtwitterでのつぶやき。
“秋山郷のクラック情報求む”

ネット上で調べたところ、確かに布岩という柱状節理の岩山の写真が確認出来る。
こりゃぁクラック好きを誘って行ってみようと、大社長とぐっちーにラブコールし二つ返事でOK。

日程が決まり7日に秋山郷へ行くとtwitterでつぶやいたところ、雪山さんより参加意思が有り同行する事に。

月夜野6時集合、六日町ICから秋山郷へ到着し所要時間約2時間。湯川や小川山より近いクラック…

雪山さんとは現地集合、会うのは1年半ぶり位?
助手席にはあら懐かしいjinennさん。(すいません、内輪話しで…)

で、駐車出来るスペースから見たのが上の写真。
そこから判りやすいアプローチを期待一杯で登る事、約10分。

PB070109.jpg
コレですよ、コレ。
1枚目の写真の真ん中、顕著なクラックを真下から撮ったものです。

岩壁は主に3つに分かれています。
1枚目の写真、左側が左岩壁、中央の顕著なクラックが有るのが中央壁、この写真には無いですが右に右岩壁。
今回は主に中央壁を登って来ました。

PB070113.jpg
写真の中央を登っているのは雪山さん。ジャミング上手すぎ!

右を登っているのは山形から来ているパーティ。ここへは何度か来ているそうです。
お話しをしていたら、私も雪山さんも知っている方の名前が出てきたりしてビックリ。
トラッドクライミングの世界は狭い…

PB070111.jpg
左岩壁を登るぐっちー。

PB070115_20101108112235.jpg
凹角のルートを登るワタクシ。いつの間にか雪山さんが私のカメラで撮ってくれていたようで…感謝。

PB070117.jpg
同じく凹角を登るぐっちー。

PB070119.jpg
長い長いクラックを登る雪山さん。50m近く有るんじゃないのかな?

PB070122.jpg
長いクラックを登る雪山さんと、右の凹角を登る大社長。

PB070123.jpg
途中、右岩壁の偵察へ。
大社長が居るの判ります?これが80~90m続いてます。
雪山さん曰く、ルートによっては5.11~5.12クラスではないかと。

PB070132.jpg
長い長いクラックを登るぐっちー。

この後私もこの長い長いクラックを登りました。
出だしから2/3位は快適なハンドサイズ、上1/3は少々ワイド。
短ければ5.9ですが、とにかく長いので5.10a付けても良いんじゃないかと思います。
懸垂支点が途中に有るので、シングルロープでOK。
ただし節理が発達しているので、懸垂ロープの回収時に落ちたロープがクラックに落ち込まない注意が必要です。

PB070138.jpg
最後は大社長が締め、本日のクライミングは終了。


無風快晴で天気も申し分無し。
交通至近(帰りは塩沢経由で月夜野までおよそ1.5時間!)、アプローチ近い、クラック快適。
極上のクライミングでした。

雪山さん、jinennさん。久しぶりにお会い出来て楽しかったです。
雪山さんの情報が無ければこんな極上クライミングは出来ませんでしたよ、多謝。
jinennさんの生存確認も出来たし(笑

ぐっちー、大社長。
この調子で冬もガンガン行きましょう!


PB070137.jpg
布岩から見た野反湖方面。
秋は深まってます。

プロフィール

numata-alpine

Author:numata-alpine
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ