FC2ブログ

沼田山岳会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙境都市でアイス

12/30(日)
春日ルンゼ アイスクライミング
FK、トシ、あーたく(記)

アイスに行きたい!
年末最後のわがままをFKさんに聞いてもらい
アイスルートに行って来ました。

『昔は車からビレイ出来たよ。今はアプローチ二時間はかかるよ!』という先輩の脅しに耐えながら
屈指の4WDで山中を進み、結果、結構近くまで行けました。

春日05
この仙境都市の看板、イン〇タ映えするねと言いながら
崩壊した鹿曲林道を進む。

1111
F1 羽衣の滝 20m FKさんリード
寒波到来の中、滝はバッチリ氷結。

春日02
F2 4m あーたくリード

春日03
F3 6m あーたくリード練習

春日04
F4 あーたく ビレイ点まで40m 立っている所を選んでリード練習
(FKさんはF3F4共 フリーソロ)

春日06
帰りの登り返しはなかなか応えます。

シーズン初め、アイスマルチ初心者にはうってつけのルートだと思います。
アソシエーツルンゼは時間がビミョーだったので行きませんでした。
が、良く調べたら行かなくても良かったかも。

下りてきたら1パーティ来てましたが、それまでは貸し切り状態もあって、かなり楽しかったです。
山は楽しくないと♪

小ぶりですが、個人的に凄く身になるアイスになりました。

春日ルンゼ、沼田としては初登ではないでしょうか!?
スポンサーサイト

谷川岳一ノ倉沢烏帽子沢奥壁南稜

7/14
コックさん、チコさん、mizu(記)

憧れの一ノ倉沢に連れて行ってもらいました。
201807232141337f8.jpg

南稜テラスから先は渋滞でジリジリした日差しの中、各ピッチ毎にまたされます。
時折吹く雪渓からの冷風と初めてみる一ノ倉沢からの眺めよしです🎵
201807232141456c4.jpg

染み出しで嫌な箇所はあるものの、この日は乾いた岩だったためフォローで快適に登って行きます。
後半、師匠に背中を押され、5ピッチ目(mizu)馬の背、6ピッチ目(チコ)最終ピッチの核心部をリード。
20180723214158bcf.jpg

いつか南稜にいけるようになれたらいいねと会の先輩方にみっちり教えてもらい練習してきただけに達成感あるクライミングでした☆
ありがとうございました!

大源太山

6/23(土)
大源太山
あーたくソロ

確か昔誘われて?行けなかった大源太に行って来ました。

天気の悪い日が続きますが、今年は何故か週末に晴れる!
300623 大源太山01
登山口。約10台駐車可能です。
オフロードバイクで来ていた渋くカッコイイおじさんがいました。
(セロー欲しい!)

300623 大源太山02
新潟方面はまあまあ良く見えました。
登ってきた稜線が良く見えて気持ち良い。

300623 大源太山04
台風の影響で?かなりの風ビョーーーでした。
無雪ですが、ときおり耐風姿勢。
稜線上は油断するとちょっとまずい感じでした。

300623 大源太山05
荒天見越して、飯も食わず写真撮ってすぐ下山。
(即決が当たりました。登山口に帰ってきたら雨。)

300623 大源太山06
渡渉点でのキレイな日本の風景。
最後のスライダーは作ったのですかね?

300623 大源太山07
帰り道に見えた今日の大源太山。

樹林帯もかなり涼しかったです。
弥助尾根は初っ端からなっからの急登です。

弥助尾根に乗ってからは
樹林帯の中でも終始ほぼ尾根上なので
キジ打ちに逃げるには結構選択肢が少ないです。
(事実帰路の温泉までお腹の中で温めてました)

本当は七つ小屋周回でしたが、天気とお腹がビミョーだったので
ピストンで帰りました。

次に来るときは沢だな。

谷川岳(蓬峠)

6/17(日)
谷川岳 蓬峠
あーたく、他1

若い男子が
山行きたいっす!って言うので
自分の目的にカブセて、蓬峠に連れて行きました。

300617 蓬峠01

300617 蓬峠02
梅雨の晴れ間で終始快晴。

300617 蓬峠03
雪渓は怖そうでしたが何事もなくヒュッテ着。

300617 蓬峠04
大分疲れたようで爆睡。
上では少々寒かったので
『〇〇ランドで買ったの持ってきたんです!』
カッパが暖かいようで満足そうでした。
(ちゃんとしたの買うようにちゃんと教えたのに)

300617 蓬峠05
貸した武器を持って満足気。

300617 蓬峠06

300617 蓬峠07

とにかく個人的に好きな場所です。
同じ県だとは思えない!(個人的に)

最初にしては長く歩かせて
ちょっと可哀そうでしたが
彼を連れてまたどこかに行くかもしれません。

P.S.
絶賛お共募集中です。

宝剣岳サギタル尾根&木曽駒ケ岳

宝剣岳サギタル尾根&木曽駒ケ岳
5月5日子供の日
CL/FK ・ SL/あーたく ・  トシ(記) 3名

新会員のトシです。当ブログの読者の皆さま、宜しくお願いします。
(アップが遅くなり大変申し訳ございません)

ノーマルルートで何度か登っている木曽駒ケ岳と宝剣岳。
頼もしい先輩方がサギタル尾根か宝剣岳に上がるとの事・・・
たぶん先輩方は一度登ったら「もういいかな」って言いそうなルートです。
これは、もしかしたらラストチャンス(笑)
バスとロープウェイでいきなり取り付きの楽ちん登山。
体力の無い僕でもついて行けそうです。
ってことで、同行させて頂きました。

宝剣岳サギタル尾根
ロープウェイを降りれば標高2612mの千畳敷カール


宝剣岳サギタル尾根
取り付きからいきなりの急登


宝剣岳サギタル尾根
サギタル尾根から宝剣岳。右端のてん・点・テンは八丁坂を登る行列


宝剣岳サギタル尾根
サギタル尾根核心部(?) 前日の降雪で木々や岩がキラキラ


宝剣岳サギタル尾根
ロープを纏める先輩 三歩的な頼もしさ


宝剣岳サギタル尾根
子供の日なので柏餅でエネルギーチャージ


宝剣岳サギタル尾根
宝剣岳山頂へ

宝剣岳サギタル尾根
宝剣岳山頂

宝剣岳サギタル尾根
意外にも木曽駒ケ岳初登頂の先輩方と記念撮影


宝剣岳サギタル尾根
八丁坂を無事に下山

支点の取り方
前爪の乗り方や岩歩きでのイゼンワーク
藪の漕ぎ方

色々と勉強になる楽しい山行きでした。

おまけ
下山後は中華料理きむらで駒ヶ根名物のソースカツ丼
宝剣岳サギタル尾根
プロフィール

numata-alpine

Author:numata-alpine
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。