沼田山岳会

沼田山岳会 会則 2017

179221
179222
179223
179224
179225
179226
179227
179228

赤谷川笹穴沢から平標山へ

2017.09.10
はやし憧れのルート🎵赤谷川 笹穴沢

大社長様・あーたく君・はやし(記)

平標の登山口に車をデポし川古温泉のスタート地点へ
天狗01
長ーい林道歩きからスタートです。
釣りで何度か通ってますが今年は毎回、蛭地獄でした。
が~今回はあまり蛭に襲われることなく入渓点までたどり着けました。

ここからがスタートです。
準備を整えて再スタート🎵
天狗02
朝も早いこともありまだ冷たいっす。
赤谷本流から金山沢へ入りすぐゴルジェ帯へとりあえず巻きます。
小さな滝を越えしばらく開けた沢沿いを歩きます。
この辺りまでは釣りでよく入渓しますがこの後はまだ未開の地
ここからが楽しみです。
天狗03
やっと滝らしい滝が現れました。次はこの辺りまで釣りに来よう。
ポイントらしいポイントに竿を出さない川歩きは初めてです。
次回こそは( ;∀;)

うぉ~感動🎵
天狗04
ダイナミックっす。こんな
素晴らしい滝があったとはまじ感動。
天気も良いこともありテンション上がります。この時点では(^^;
天狗06
大社長素晴らしいっす。
凄いっす。自分は足の置けないような小さな窪みでもしっかり踏ん張れ登っていく。
勉強になります。
天狗05
私、途中足を滑らせ落ちてしまいました。
ロープの大切さ確保技術の大切さを知ることなりました。

~中盤省略~(笑)

後半っす。
このあたりからは「まだ滝( ;∀;)まだ先に滝にが見えるんすけど。もう満腹っす。」愚痴ります(笑)

だいぶ源頭に近いはずなのに水量まだ豊富
天狗07
満腹なんすけど・・・

と、ぐずりながらなんとか源頭付近まで
だいぶ沢が細くなってきました。
天狗09
そしてついに草原に抜けました。
大社長の見事なルーファイにより最後は藪漕ぎもなく草原へ
10.jpg
気持ち良い🎵
はず・・・なのに写真(右)へタレテる方はやしです( ;∀;)

大社長様   素晴らしい沢に連れてきて頂きありがとうございました。
あーたく君  サポートしてくれてありがとう。またよろしくね~

今回の憧れのルート赤谷川笹穴沢とても勉強になりました。








薄根川 荒山沢右俣左沢

8/27(日)
薄根川 荒山沢右俣左沢
あーたくソロ

ようやく今シーズン初の沢登りに行ってきました。
朝町内の草刈りがあったもんで
ガイド図見ながら近場のショートルートを模索。
見事にハマリました。

ルートガイドではナメは快適で登攀要素が多い。
との事で期待を膨らませ、着いた玄関は早速藪。

290827 荒山沢01
間もなくナメ。という事で期待して行くとゴロゴロの緩いルンゼ。
これがナメですか?

右岸の岩壁はガイド図通り圧倒されます。

30m・2m・4m・3m・5mナメってどこですか?
全然分からず核心の7mCS到着。
左岸を行きましたが、岩のセオリーにハマル。
(取りついてみると立っている。ホールドが無い)
泥々でなかなか悪いです。

このあともルート中で分かるのはCS滝だけです。
終始ルンゼ。空はガスってて何も見えない。
尾根も全然わかりません。
岩壁はどんどん威圧感増します。

いつの間にか最後の6m2段CSへ。
左岸へ取りつく。泥々の上に草。
ふくらはぎが耐えられる限り泥草を剥がしてきました。
少しムーブ加えて、心もとない小枝のブッシュを頼る。
抜けるとすぐに藪です。
ここのCSの方が悪く感じました。

290827 荒山沢04
気分が上がらないまま藪の源頭へ。

290827 荒山沢05
源頭詰めると更に藪増します。

290827 荒山沢06
ガイド図の二俣を右へ。
その先少し上を右俣行かずに藪を左へトラバース。
沢を一つ越して左の尾根に乗りましたがさらに藪増します。

290827 荒山沢07
今回の藪出口です。
約二時間藪こいでようやく川場尾根登山道へ。

コンパスと地形図でルーファイしながらでしたが
抜け口が予測通りで嬉しかったです。

国土地理院アプリをGPSで使おうと思いましたが、
地図をダウンロードするの忘れて
登山道近く電波復帰するまで使えませんでした。要注意。


モーレツな藪と言ってもいいと思います。
沢の詰めはほとんど笹藪ですが
尾根は笹・シャクナゲ・ハイマツ・針葉樹であふれてます。
笹だけの藪がかわいく思えてきます。

全身疲れましたが、堪能できました。

岩櫃山 (群馬百名山)

群馬百名山パトロール

岩櫃山 
群馬県山のグレーディング2C 
H29.8.12 FK単独

平沢登山口~沢通り~山頂~岩密通り~岩密登山口~古谷T字路~
赤岩登山口~赤岩通り~尾根通り~岩櫃城本丸跡~平沢登山口
約3時間
298131
案内板が沢山ありますので安心です
298132
頂上まで数箇所 鎖場 階段があります 
沢通りは沢筋なので濡れています スリップ注意です
298133
頂上狭いですが360度眺望があります 
鎖の向こうは絶壁です
298134
天狗の架け橋
298135
密岩通りは登山道の崩壊が進んでいます
鎖が少々いたいたしい
298136
密岩登山口には色々注意書きがありますが
平沢にはありません 
298137
赤岩通りの花畑
298138
最後に本丸跡

妙義山に行く前の練習には良いかもしれません
歴史好き登山者にはお勧めです
平沢から頂上まではよく登山道が整備されています

この山ひとつだと物足りない方は嵩山と連続登山はいかがかな

谷川岳 烏帽子奥壁 南稜

6/18(日)
谷川岳 南稜
FKさん、部長、あーたく(記)

追悼集中登山で南稜に行って来ました。
290618 南稜02
出合から雪渓に乗れるなんて素晴らしいです。

290618 南稜05
馬の背上から。

290618 南稜06
最終ピッチを望む。
抜ける手前のポケットはビショビショ。。
濡れているルートは緊張感倍増でした。
(濡れた手を何度かケツで拭きましたが、
 何故いつまでもケツ掻いているのかと思ってたようです)

290618 南稜07
思いやりのある先輩パーティならではの気遣い?で
目ぼしいピッチをリードさせていただきました。

290618 南稜09
冬まで残りそうな雪量です。

一日中ガスは出たり晴れたり繰り返し。霧雨も少々。
学ぶ事もあり、早出早帰りで楽しい山行となりました。
プロフィール

numata-alpine

Author:numata-alpine
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ