沼田山岳会

宝剣岳サギタル尾根&木曽駒ケ岳

宝剣岳サギタル尾根&木曽駒ケ岳
5月5日子供の日
CL/FK ・ SL/あーたく ・  トシ(記) 3名

新会員のトシです。当ブログの読者の皆さま、宜しくお願いします。
(アップが遅くなり大変申し訳ございません)

ノーマルルートで何度か登っている木曽駒ケ岳と宝剣岳。
頼もしい先輩方がサギタル尾根か宝剣岳に上がるとの事・・・
たぶん先輩方は一度登ったら「もういいかな」って言いそうなルートです。
これは、もしかしたらラストチャンス(笑)
バスとロープウェイでいきなり取り付きの楽ちん登山。
体力の無い僕でもついて行けそうです。
ってことで、同行させて頂きました。

宝剣岳サギタル尾根
ロープウェイを降りれば標高2612mの千畳敷カール


宝剣岳サギタル尾根
取り付きからいきなりの急登


宝剣岳サギタル尾根
サギタル尾根から宝剣岳。右端のてん・点・テンは八丁坂を登る行列


宝剣岳サギタル尾根
サギタル尾根核心部(?) 前日の降雪で木々や岩がキラキラ


宝剣岳サギタル尾根
ロープを纏める先輩 三歩的な頼もしさ


宝剣岳サギタル尾根
子供の日なので柏餅でエネルギーチャージ


宝剣岳サギタル尾根
宝剣岳山頂へ

宝剣岳サギタル尾根
宝剣岳山頂

宝剣岳サギタル尾根
意外にも木曽駒ケ岳初登頂の先輩方と記念撮影


宝剣岳サギタル尾根
八丁坂を無事に下山

支点の取り方
前爪の乗り方や岩歩きでのイゼンワーク
藪の漕ぎ方

色々と勉強になる楽しい山行きでした。

おまけ
下山後は中華料理きむらで駒ヶ根名物のソースカツ丼
宝剣岳サギタル尾根

高尾山巡り(御朱印登山の旅)

5月20日(日) FK単独

5月月例山行 高尾山に電車でGOの予定でしたが
参加希望者は1名しかいないし電車移動は独りと
自分の人望の無さが露呈
月例山行は中止して自分探しの旅
御朱印登山へ

御朱印を集めながらの登山は何といっても時間との勝負
概ね9時~4時までしか御朱印はいただけない
高尾山の周りで御朱印を頂けそうな社寺を探すと
氷川神社・薬王院・與瀬神社の3つ 
しかも 混雑した時間は登りたくない
やはり電車は使いたい
これらを満たすハイキングが以下です

3時発
4時50分駐車場
5時歩き出し 稲荷山コース 
201805201
6時山頂 高尾山初登頂 早くも目的の一つが終わり
201805202
ここから陣馬山まで
201805203
201805204
201805205
201805206
201805207
9時30分陣馬山 途中人があまりいなかったのに山頂は人があふれていました
休憩して明王峠に戻り相模湖駅まで下山
途中間違って底沢まで戻ってしまい20分ロス
201805208
12時 與瀬神社 立派な社殿 
残念ながら常勤の宮司の方がいないらしく
御朱印はいただけませんでした 
室町時代からの神社 社殿は大正時代のもの
201805209
201805201
13時04分 相模湖駅から高尾山駅から高尾山口駅まで移動
13時30駐車場 氷川神社
    向かうと駐車場の受付で御朱印の張り紙が・・・
    残念 書き置き 集めている方はご承知かと思いますが
    ちょーテンション下がります 
    が大切に いただきます

ジーパンTシャツサンダルに衣替えして 高尾山へ観光客に混じり
再あたっく
2018052011
登りはこれでしょ観光だし
14時30分 高尾山 再登
       朝と比べ物にならない人だかり
2018052012
帰りに薬王院の御朱印を頂いて1号路で下山

今回の成果
右が薬王院 左が書き置きの氷川神社(いつか元社に行きたい)
2018052013

GW前半は岳沢ベース

4/28~4/30 GW前半
奥穂高岳コブ尾根
MAKY,MOMI

最初の計画は「槍ヶ岳北鎌尾根」だったのだが、直前で二人とも足を負傷。
北鎌尾根は3日間の行動時間も長く、足への負担も大きいので、直前で計画見直し。
28日入山、岳沢にベース設営、29日コブ尾根アタック、30日下山へ計画変更。

28日 6時に山岳会事務所出発。
軽い昼食を上高地ですませ、岳沢をめざす。
P4282617.jpg


岳沢にベース設営。
P4282616.jpg


29日 4時30分ベースを出発。
コブと呼ばれる岩を目指す。
P4292615.jpg

P4292614.jpg


中央左の大きな岩がコブ。3ピッチのクライミングで尾根側へ懸垂下降。
P4292613.jpg  P4292612.jpg

P4292611.jpg  P4292610.jpg

P4292609.jpg  

P4292608.jpg


コブを抜けて最後の雪壁。
P4292607.jpg


稜線に抜けると、目の前にジャンダルム。
P4292606.jpg

下降路は縦走路を行き、天狗沢を下る。
雪の腐りもそれほど酷くなく、快調にベースへ。
15時 ベースへ到着。


30日 下山。

天候も3日間快晴、快適なクライミング、美味しい山ごはんとビール、
最高の山行でした。

         byMAKY








 

総会

平成30年度沼田山岳会総会が無事終了しました

20180427

今年度はブログをどしどし更新していくこととなりました
いつも このブログご覧いただいている方々ご期待ください

谷川岳 東尾根

3/18(日)
谷川岳 東尾根
FK、MAKY、たかちゃん、あーたく(記)

たかちゃんから色々拝借出来て
前橋の4名様と共に、ようやく憧れの場所に行けました。

ベースを3時頃に出発。

300318東尾根01
一ノ倉出合い4時。

300318東尾根02
カリカリの一の沢。今回の核心でした。
(前日の滑落事故の件、御冥福をお祈りします)

まだ暗かったけど、一ノ倉沢から雪崩の轟音が聞こえました。


300318東尾根03
シンセンのコルでサンライズ 5時~5時半(私は遅番)

300318東尾根04
第二岩峰の上 7時
まっさか天気良いです

300318東尾根05
クライムダウン

300318東尾根06
ナイフリッジ通過中(Tさん写真ありがとうございます)

300318東尾根07
ナイフリッジ通過 8時

第一岩峰写真無し(足つって撮る元気がありませんでした)

300318東尾根09
(Tさん写真ありがとうございます)

300318東尾根10
第一岩峰通過 8時半過ぎ
オキの雪庇へ向かいます

300318東尾根11
オキへ 9時~9時半(Tさん写真ありがとうございます)

300318東尾根12
荷物まとめて下山へ

天気にもメンバーにも恵まれ、東尾根を楽しむことが出来ました。
FKさん、2らん助かりました。

終始早いペース。
足つったおかげで、筋肉を使い分けて歩く技を習得。
(その前にやることあるだろって。。)

前橋の皆様お世話になりました。
(写真を拝借させていただいたことお許しください)

P.S.
次はブログ書いてクダサイネ!
プロフィール

numata-alpine

Author:numata-alpine
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ